継続性は美容に欠かせない要素

女性の肌や髪といった美容ケア用品として、様々な種類の美容オイルがあります。

美容オイルと食用オイルとの違い

継続性は美容に欠かせない要素 女性の肌や髪といった美容ケア用品として、様々な種類の美容オイルがあります。顔専用として販売されているタイプのオイルのほかに、ヘアケア用や全身のマッサージ用など種類は様々あります。その中でも普段の生活の中で耳にしたことがあるオイルなども目にする場合があります。種類としてはオリーブオイルや椿油にココナッツオイルなどになります。これらは普段の生活では美容用よりも食用として販売されているタイプを見かけることが多いタイプのオイルとなります。同じ素材を使用しているオイルであれば、美容用として使っても問題ないのではと考える人も少なくありません。

ですが食用として販売されているオイルはあくまでも目的は食用です。美容はもちろん顔や髪に使用することを前提として販売されています。その明確な違いですが、使用している素材自体は同じですが、オイルを作るための精製方法自体がまったく違います。とくに美容用の場合は肌に使用することが前提となっているので、精製の際に分子量はとても小さく不純物などもすべて取り除いています。逆に食品用は不純物は含まれており分子量などが大きくなります。そのため食用のオイルを肌に使用すると、美容効果などは期待できず逆に肌が荒れる原因になるため使用しないのが大切です。